利用例

利用例

利用例 14:単票も一覧表も簡単PDF化

シンプルな単票から、複雑な一覧表までを簡単操作でPDF化

貴社の「見たい」課題/解決

X社はCSVデータや帳票の扱いで、以下の課題を抱えている。

★見積書をExcelで印刷している。
明細が1ページに収まらない場合は、2ページ目以降は明細のみのレイアウトとしているが、自動でレイアウトを切り替える方法がわからず、手動でデータを貼り付けて印刷している。
★既存システムから出力している大量の紙帳票があり、保管場所の確保に困っている。
★一部の帳票は電子帳票化しているが、地方の支社は「ビューワソフト」がインストールされていないため、閲覧できない。

そこで、PDF帳票が簡単に作成できるツール『System5000Lite』を導入した。 レイアウトは一度作成すれば、データを選択するだけで思い通りに印刷ができ、複数レイアウトの切替も自動で行われる。また、PDFファイルのため保管場所も不要となり、そのまま支社に送付ができるようになった。

導入背景

  • CSVデータを帳票に加工して綺麗に見たい
  • 紙で大量に出力した帳票をパソコンで見たい
  • 閲覧ソフトがないパソコンで電子帳票を見たい

システムの特徴

1.CSVデータを自動解析
データ型や桁数を自動解析しますので、 あとはレイアウトするだけで帳票が作成できます。
2.簡単操作
マウスによる操作で、罫線や文字を配置します。印字したいデータ項目は、画面からドラッグするだけ。
3.PDF変換はボタン1つ
ボタンを押して、ファイル名を入力するだけでPDF帳票が作成できます。
導入効果
  • CSVデータを活用!
    ⇒Excelでは見えづらかったデータも帳票出力することでフル活用
  • 遠隔地の支店へ帳票を提供!
    ⇒専用の閲覧ソフトが不要なため、気軽に提供できる
  • 導入は「System5000Lite」だけのため、導入時の費用が安い!
    ⇒導入コスト削減

利用例一覧へ戻る

▲ このページのトップへ