利用例

利用例

利用例 9:帳票(PDF)FAX 送信システム

ホスト帳票の自動FAX送信機能をシステム移行。
既存システムと同等以上の機能で保守費用を軽減。

既存システム移行の課題/解決

C社ではホストコンピュータから出力される帳票データを電子帳票化し、ホストシステムのFAXツールによりFAX送信している。既存システムの高額な保守費用が課題となっており、保守の更新時期を機に、別システムへの移行を検討していたが、FAX送信先毎に送信する帳票が異なり、帳票と送信先の紐付けもホストシステムに依存していることが、課題となっていた。

電子帳票をFAX送信する機能のうち、FAX機能に関してはFAXパッケージを導入し、電子帳票についてはFAX送信するため、《トリニテート》のPDFオプションを導入することで安価なシステム移行に対応した。

送信先毎の帳票選別やFAXパッケージとの連携機能のみ、オーダーメイド開発とすることで費用を抑えることができた。

システム移行後は、既存システムと同等以上で、保守費用についても軽減することができた。

導入背景

  • 高額な保守費用の軽減
  • 保守の更新時期のシステム移行
  • より安価な初期費用でのシステム構築

システムの特徴

1.システム構築・保守費用の軽減
ホストシステムから、オープンシステムへのシステム移行により、電子帳票パッケージとFAXパッケージとの連携が可能となるため、システム構築費用と保守費用を削減。
2.オーダーメイド開発の構築負荷の軽減
《トリニテート》のPDFオプションにより、電子帳票パッケージとFAXパッケージとの連携が可能となるため、オーダーメイド開発に関しても必要最小限な機能追加で構築負荷を軽減。
導入効果
  • 既存システムの機能をそのままに保守費用を大幅に軽減
  • 電子帳票パッケージとFAXパッケージの導入、必要最小限のオーダーメイド開発により、システム構築費用が安価にできた。
  • システムをオープン化することで、FAX送信情報のメンテナンス性も向上した。

利用例一覧へ戻る

▲ このページのトップへ