利用例

導入事例

事例1:ペーパーレスと集中管理の実現

Trinitat導入の目的

  • ペーパーレス化によるコスト削減:配送・仕訳業務の削減、保管スペースなどの削減
  • 情報の2次加工

ServerEditionを選択した理由

集中管理の実現
一つのキャビネット情報をサーバ上で集中管理し、エンドユーザのアクセス権限に応じて、支社ごとに表示するキャビネットを自動的に切り替えることが可能だった。
バージョン管理の負荷削減
一度インストールすれば、自動的に最新版にバージョンアップされるので、クライアント側でのバージョンアップ作業を行う必要がなかった。
同時アクセスライセンスでの購入
同時に使用するユーザ数分だけライセンスを購入すればよく、使用する可能性のあるマシンの台数分のライセンスを購入する必要がなかった。

導入後の効果

  • 年間プリント数200万ページのうち、120万ページを電子帳票化できた
  • 用紙代だけで、年間480万円のコスト削減が実現できた
  • タイムリーな帳票提供が可能になった(以前は夜間にプリントしていたので、用紙切れの場合には、朝から再度印刷して、昼までかかることがあった)
  • 支社ごとに回線速度は異なるが、レスポンスは全く問題ない

※全国に配布するCD-Rの作成・配送は、コスト削減のため電子帳票メーカーに外注

対象業務 :営業・経理
対象帳票 :全1000票中、757票(のべ)
年間処理量 :120万ページ
同時アクセス数 :100ユーザ
インストール数 :350クライアント
導入アプリケーション
  • ServerEngine(100同時アクセスライセンス)
  • 自動運用システム BookMan
  • PDF変換ツール PDF Option
  • ホスト帳票変換ツール System3000
  • 電子帳票ビューワ System35(約400クライアント)

利用例一覧へ戻る

▲ このページのトップへ