お知らせ
お知らせ
Trinität製品のJava11対応方針について

 この度、Oracle社より、Javaの新しいリリース・モデル(バージョンアップサイクル)※が公開されました。
 今後WebEditionにつきましては、「Java LTS」に対応したJavaプラットフォームにて動作確認を実施し、
 推奨環境とさせていただきます。

 Java11以降でWebEditonをご使用のサーバについては、LTS対応版のJavaでの運用を推奨いたします。
 なおご使用中のJavaプラットフォームのバージョンアップを妨げるものではございませんが、
 LTS対応版ではないバージョンのJavaへの更新につきましてはお客様自身での動作確認をお願いしております。
 また、JRE(ランタイム)はお客様にてご用意いただけますようお願いいたします。
 JREの詳細につきましてはOracle社またはTrinitätサポートセンターまでご相談ください。

 ※oracle社によるJavaリリース・モデル(フィーチャーリリースとLTS対応版)について
   2017年のJava9以降、Javaは6か月ごとに大型更新(フィーチャーリリース)が予定されいます。
   そのうちLTS対応が予定されているJavaは3年ごとのフィーチャーリリースバージョンとなります。
   直近でのLTS対応版は、2019年リリース済みのJava11、次が2022年リリース予定のJava17となります。
   リリース・モデルの詳細は、以下オラクル社の「Java技術関連記事」をご参照ください。
    https://www.oracle.com/technetwork/jp/articles/java/ja-topics/jdk-release-model-4487660-ja.html



Trinität製品の新元号対応に関する設定ファイル公開のお知らせ

 新元号の内容を反映した設定ファイル(CCOM_JPN.TBL)を公開しました。必要に応じ、以下のリンクよりダウンロードの上、 Trinität製品のインストールフォルダへの適用をお願いします。

 ※適用方法については、以下に掲載の「Trinität製品の新元号対応についてのお知らせ」 をご参照ください。

 ダウンロードはこ ちら


Trinität製品の新元号対応についてのお知らせ

 Trinität製品は元号情報を設定ファイルに保持しているため、新元号を利用するには一部設定ファイルの変更が必要となります。 また、帳票定義などにつきましても、固定文字列や計算式に元号を使用している場合は、変更が必要となります。

 詳細は以下のリンクをご参照ください。

Trinitat製品の新元号への対応に関して
(別紙)新元号への対応の動作確認に関して



「DiskMan」 の販売ならびにサポート終了のお知らせ

 「DiskMan」(CD-R書込みシステム)の販売とソフトウェアサポートを以下の日程で終了させていただくことと
なりました。

 ◆対象製品              : DiskMan
 ◆販売終了日            : 2020年3月31日
 ◆ソフトウェアサポート終了日 : 2025年3月31日

 CDライタ機の更改および変更等のご検討にあたりましては、本内容をご配慮いただきますよう
お願い申し上げます。



「WebEdition」 の対応ブラウザーについてのお知らせ

 「WebEdition」(Webインフラ用サーバエンジン)の対応するWebブラウザーは<Internet Explorer>のみとなります。
 ※<Microsoft Edge>等、<Internet Explorer>以外のWebブラウザーには非対応です。

 電子帳票システム基盤の更改および変更等のご検討にあたりましては、本内容をご配慮いただきますよう
 お願い申し上げます。



「Windows10」 対応についてのお知らせ

 新OS「Windows10」 は、「Ver 8.50」以降で対応しております。
  詳細は、「Windows10対応情報詳細」を ご覧ください。


「Internet Explorer の脆弱性」への対応についてのお知らせ


 上記の対応につきましては、Microsoft社から提供されたパッチを適用していただけますよう
 お願い申し上げます。
 なお、「VGX.DLL」の削除はトリニテート製品の動作に影響がございますので、
 削除は行なわないよう、お願い申し上げます。


消費税法改正にとも なう「Trinität製品の影響」につい てのお知らせ

消 費税法の改正を受け、消費税率におきましては段階的な引上げが予定されております。
この消費税率引上げに関しまして、 Trinität製品を御利用のお客様へ
大切なお知らせがございます。

【 Trinität製品の影響 】
以下のアプリケーションを御利用のお客様は、消費税率引上げにともなう
シ ステムの確認が必要でございます。
「確認ポイント」をクリックし、詳細をご確認ください。

  ・Quartet(ホスト系帳票設計ツール)
  ・Generator(データ生成ツール)
  ・System5000(オープン系帳票設計・開発ツール)

確 認ポイント


電子帳簿保存法に関わる「帳票検索機能」についてのお知らせ


法第4条(国税関係帳簿書類の電磁的記録による保存等)関係
規則第3条第1項第5号に規定する「電磁的記録の記録事項の検索をすることができる機能」として、
『検索項目について記録事項がない電磁的記録を検索できる機能を含むことに留意する』
と定められております。

Trinitätでは上記要件を満たすため、文字項目以外(数値項目・日付項目)についても、
空欄を対象とした検索を可能とする対応を「Ver8.12」でおこなっております。
電子帳簿保存法の適用を受けているお客様は、バージョンアップをご検討頂きます様、
お願い申し上げます。


最新情報
最新情報 2019/12/03
Trinitat Ver9.01がリリースされました。

リ リース情報

こ の度、製品サポートサイトを開設いたしました。
トリニテートについて最新の情報を発信することで、ユーザ の皆様へのさらなるサービス向上を目指してまいります。

動作環境

Trinitatの関連製品をインストールして使用するためには、 以下の条件を満たすハードウェア環境およびOS環境が必要です (サービスパックの詳細は別途お問合せください)。

必 要なハードウェアとソフトウェア

ク ライアントPC環境

System35、BookManager、BookNavigator、System3000、System5000、 Generator、Quartet等を使用するには、次のスペックが必要です。

対応OS (※1) Windows 10 Pro / Enterprise  (※2)
Windows 8.1 Pro /Enterprise
CPU 1GHz 以上
メモリ 512MB 以上
ブ ラウザ
(※3)
(※4)
(※5)
Internet Explorer 11
※1: 64bit版Windowsはエミュレータ(WOW64)上での稼動となります。
※2: Windows10の各アップデートに対する詳細なバージョンは以下の
   「Windows10対応情報詳細」を参照してくださ い。
※3: ブラウザはWebEditionを使用する時の必須条件です。
  (ServerEditionのみを使用する場合、ブラウザは必要ありません。)
※4: 64bit版Internet Explorerには対応しておりません。32bit版Internet Explorerをご利用ください。
※5: 標準モード(Edgeモード)のみの対応となります。それ以外のモードは動作保証対象外となります。

  • Windows10 対応情報詳細
Windows10の各アップデートバージョンに対する Trinitatのバージョンは以下に なります
バージョン 1507(※1)

Trinitat Ver8.50 〜
バー ジョン 1607(※1)
Anniversary Update
バー ジョン 1709(※2)
Fall Creators Update
バー ジョン 1803(※2)
April 2018 Update
バージョン 1809(※1)
October 2018 Update
バージョン 1903
May 2019 Update
バージョン 1909
November 2019 Update
※1:LTSB製品を含みます。

【ファイル共有プロトコルSMBに関して】
※2:Windows 10の以下のバージョンにおいて、ファイル共有プロトコルSMB1.0の設定が下表のようになりました。

バージョン 1803(April 2018 Update)
エ ディション クリーンインス トール バージョン1709からの
アッ プグレード
Professional 無効
設定を引き継ぐ
Enterprise 無効 設定を引き継ぐ

バージョン1709(Fall Creators Update)
エ ディション クリーンインス トール バージョン1703からの
アッ プグレード
Professional 有効
一定期間後、無効 になる
可 能性がある(※5)
有効(引き継ぐ)
一定 期間後、無効になる
可能性がある(※5)
Enterprise 無効 有効(引き継ぐ)

SMB1.0が無効になると、SMB2.0以上を無効にしたサーバ(※3)上の共有フォルダを利用したキャビネット(※4)が
開けなく なります。

※3:Ver8.73未満のTrinitatでは「SMB1.0」を推奨していました。
  サーバのSMBの設定に関してはマニュアル「ファイル共有(SMBプロトコル)に関する注意点」を参照してください。

※4: シェアリングキャビネット(ClientEngineにてアクセス)または、
  ServerEngineのログオン方式が 「Windowsログオン」のリモートキャビネットを利用している場合。

※5:15日間SMB1.0を使用しないと、 SMB1.0が無効となる機能(SMB 1.0/CIFS Automatic Removal)。

【マウスカーソルの操作に関して】
※6: Windows10 バージョン 1511以降において、System35, System3000, System5000, Quartet,
   PCF Editor のマウスカーソルの形状が変わらないなど軽微な不具合が発生することがありますが、
  Trinitat Ver8.72にて解消されました。(詳細につきましてはトリニテートサポートセンター
  にお問合せください。)

サー バ環境

  • DB -ACEサーバ

DB-ACE ServerEngineを使用するには、次のスペックが必要です。

対応OS (※1) Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 / 2012 R2
CPU (※2) 2GHz 以上
メ モリ 2GB 以上(64bit版 Windowsは4GB以上)
ハードディスク ディスクアレイ構成を推奨
※1: 64bit版Windowsはエミュレータ(WOW64)上での稼動となります。
※2: 同時アクセス数が100以上の場合、マルチプロセッサを推奨します。
  • BookManサーバ

BookManを使用するには、次のスペックが必要です。

対応OS (※1) Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 / 2012 R2
CPU (※2) 2GHz以上
メ モリ 2GB 以上(64bit版 Windowsは4GB以上)
※1: 64bit版Windowsはエミュレータ(WOW64)上での稼動となります。
※2: 並列で処理を行う場合は、マルチプロセッサを推奨します。
  • Webサーバ / アプリケーションサーバ

TrinitatWeb環境に使用するWebサーバ / アプリケーションサーバは、 次のスペックが必要です。

対応OS (※1) Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 / 2012 R2
Solaris 10
Linux CentOS 5.4
CPU 1GHz 以上
メ モリ 1GB 以上
回線速度 100Mbps 以上(同時アクセスクライアント100台程度)

TrinitatWeb 環境に使用するWeb関連ソフトウェアは、以下のいずれかの構成を推奨します。
 ・ Apache 2.4 ( またはIIS 7.5, 8.0, 8.5, 10.0) + Tomcat 7.0 + JRE7
 ・ Apache 2.4 ( またはIIS 7.5, 8.0, 8.5, 10.0) + Tomcat 8.0 + JRE8
 ・ Apache 2.4 ( またはIIS 7.5, 8.0, 8.5, 10.0) + Tomcat 9.0 + JRE8
 ・ Apache 2.4 ( またはIIS 7.5, 8.0, 8.5, 10.0) + Tomcat 9.0 + JRE11
 

※ 1: 64bit版Windowsはエミュレータ(WOW64)上での稼動となります。
  • その他のサーバ

DiskMan (※2)、 SpoolWriter、 PDF Maker、UtilityService等を使用するには、次のスペックが必要です。

対応OS (※1) Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 / 2012 R2
CPU 1GHz 以上
メ モリ 1GB 以上(64bit版 Windowsは4GB以上)
※1: 64bit版Windowsはエミュレータ(WOW64)上での稼動となります。
※2: DiskManを動作するには以下のいずれかの機器が必要です。
  必要機器: UNITEX CD-R Writerサーバ(専用PCとODA-1002、またはODA-1400)
※3: Generatorに対応しているDBMSは以下にな ります。
     Oracle11g R2、Oracle12c、Oracle12c R2
      SQLServer2014、SQLServer2017
ダウンロード
Q&A検索